セルライトとは

セルライトとは皮下脂肪にできるもので、脂肪細胞に老廃物や余分な水分がコラーゲンと共に固まり付いたものです。皮下脂肪の代謝が悪くなると形成されていきますが、それができる事によって周りの血流が圧迫され、更に形成されるという悪循環となっていきます。肥大化すると皮膚の表面がデコボコになり、見た目も悪くなります。30代以降の女性に多く見られる様になりますが、やせている人でも血行が悪く代謝が低い人は抹消の血行が悪いので形成されやすいです。形成されやすい場所としては皮下脂肪が多いお腹やお尻・太もも・二の腕になります。
老廃物の塊(セルライト)ができる要因は運動不足などで代謝が低下するのとむくみや冷え性などです。又、年をとっていきますと代謝が落ちていくのでこれも要因になります。代謝が低下すると脂肪がたまりやすいだけではなく老廃物もたまりやすくなります。内蔵の機能が低下し、血行も悪くなるので抹消の循環も悪くなり、老廃物の塊(セルライト)が形成されやすくなります。むくみや冷え性ですと血行が悪く、リンパの流れも悪いので老廃物がたまりやすいです。抹消の循環も悪いので老廃物の塊(セルライト)が形成されやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です